LOG



 会話文、時々ロル入ってます。

 テニプリと銀魂、ごちゃまぜ。


 

◆月永レオと神威の遭遇 


「うっちゅ〜!」

『…うっちゅー??』

「なに?それはこの星のあいさつ?」

「この星!?お前本当に宇宙人だったのか!」

『宇宙人?というより私たちは天人で夜兎だけど』

「わあああ!霊感湧いてきたああ!」

「ねえ君、ちゃんと話かみ合わせてくれない?殺しちゃうぞ」

『…やめときません?』

嫌だよ殺さないで、だって団長、その人さ、団長にそっくりじゃん。可愛すぎる、団長もめっちゃ笑ったらあんな感じかなあ、目がきらきらしてる。あー可愛い、連れて帰っちゃいけないかな。

「全部口に出てるよ。先に君を殺しちゃおうか」

「あああ!うるさい!お前ら邪魔すんな!」

怒った顔も可愛いよ、2人とも。

 

<まぜまぜ> 2017/02/23(木) 22:19  コメント(0)

◆さくま兄妹とアイドル科女子生徒 


「おお、りつ〜、嬢ちゃん〜」

「『げ』」

「お主ら仲が良いのか悪いのかはっきりしてくれんか?」

『悪いに決まってるでしょ、零さんからも言ってよ、りつ君がしつこいの!』

「俺はもっとスカート短い方がいいよ、ってアドバイスしてるだけなんだけど〜」

『これ以上短いのなんて履けるわけないでしょ!?』

「ん〜…吾輩ももっと短い方が似合うと思うのぅ。なぁに、心配はいらぬ。吾輩からあんずの嬢ちゃんに頼んでおこう」

「お兄ちゃん…(トゥクン)」

『お前らこそ仲良いのか悪いのかハッキリしろよ…』

短いスカートになった嬢ちゃんの太ももを視姦する兄者と、その太股を枕にして事故に見せかけかじりつく弟。
 

<あんさんぶる> 2017/02/16(木) 18:05  コメント(0)

◆王様とお姫様とせな 


「……何してんの?」

『あ、せな。レオ、ご飯』

「ふーん…作曲に夢中になった王様にご飯食べさせてるわけね。」

『うん、スプーン持って行くと口あけるの、可愛いよ』

「仮にもお姫様って言われてる専属プロデューサーにそんなことさせるなんてね」

『いーの。これもプロデューサーの仕事でしょ?』

「絶対違うから。それ介護だからねぇ?」

レオくんの制服汚さないようにお姫様はエプロンをつけてあげてスプーンで一口大にした食事を口元に運んであげてます。
 

<あんさんぶる> 2017/02/16(木) 17:57  コメント(0)

◆いずみさんとゆうくん姉 


「ゆ〜う〜くん♡」

『うわ、出た』

「なんだアンタか。なんで髪きったのゆうくんそっくりで間違えちゃったじゃん。早く伸ばしてよね。その髪型ちょ〜うざい」

『なにもそこまで言わなくても…。(アンタに長くてうるさいって言われたから切ったんだっつの)』

「ちゃんと手入れも行き届いてて綺麗だから好きだったんだけどね、あんたの髪」

『え?』

「まあ元に戻るまで俺が手をかけて前よりもっと艶々にしてあげてもいいよぉ?」

『な、何言ってるのいずみ!』

「(…顔真っ赤にしちゃって可愛いなあ。早く伸びないかな、伸びたらまた切らせて収集しなきゃ)」

いずみさんはゆうくん姉の行った美容室についてって髪の毛持って帰って部屋に飾ってる。(こわい)
 

<あんさんぶる> 2017/02/16(木) 17:49  コメント(0)

◆転校生をおとしたい羽風先輩と呆れている後輩ちゃん 


「タンポポちゃんが靡いてくれない」

『きっと羽風先輩の誘い方が悪いんですよ、軽すぎます』

「じゃあ君ならどうやって誘う?俺にやってみせよ」

『ほら、こっちへおいで。俺の本気、みせてあげるよ』

「……。」

『何か言ってくださいよ。羽風先輩の真似したんですよ。私が恥ずかしいだけじゃないですか』

「どうしよう。キュンときた」

『駄目だこりゃ』

羽風先輩にとっては、とっておきの口説き文句。
 

<あんさんぶる> 2017/02/16(木) 17:43  コメント(0)

◆沖田隊長と雌猫、あと土方 


「俺が舐めてんのは土方さんだけでさァ!」

『ぴぎゃあああああ、沖田隊長ぉぉぉぉおお!』

「…おい総悟、なんだアレは」

「……、おいお前」

『ぴぎゃあああああ、なんですか沖田隊長ぉぉ!』

「俺はどこぞのキングと違って雌猫はいらねぇんだよ、雌豚になって出直してこい」

『ぶ、ぶひいいいいいっ!沖田隊長すてきぃぃいいいい!』

「ハッ、ちったあマシになりやしたねィ」

「…ついていけないんだけど」

楽しそうな沖田くんと、悩みの種が増えた土方さん。

<まぜまぜ> 2014/04/07(月) 19:10  コメント(0)

◆手塚と彼女、そして不二と菊丸 


「ぶはっ」

『はぁ?なんで吹き出すの手づ、ぶはぁ!』

「っく、くく、ぶはぁぁっ!!」

『ちょ、あははははっ!笑いすぎ、は、はは!ちょ、不二!!』

「はいはい、目隠しするよ。ごめん英二手伝って」

「りょーかいだにゃー!手塚、目隠しするよん♪」

「く、く…た、たすかるっ」

『ふ、ははっ、不二菊丸ありがと』

「大丈夫にゃんだけどさー…」

「大丈夫、手塚たちが付き合ってることに疑問を抱くのは英二だけじゃないよ」

彼女の真面目な顔が笑いのツボな手塚と、手塚の爆笑顔に笑っちゃう彼女。
エンドレスだから不二と菊丸に目隠ししてもらって笑いが収まるのを待つ変なカップル。

<てにす> 2014/04/07(月) 19:10  コメント(0)

◆団長<阿伏兎な幼女と団長と阿伏兎 


『あぶとー!あそんでー!』

「おいおい嬢ちゃん、今は団長とカルタしてんだろ?」

『だんちょーとしてても、たのしくないのー!あぶとがいいー!』

「ねェ、何言ってるの?食べちゃうぞ☆」

『あぶとー!たかいたかいしてー!(団長丸無視)』

「はあー…やれやれ…、よっこいしょ」

『きゃああー!たかーい!あぶとすき!だんちょーがちっちゃい!』

「…阿伏兎、後で俺の部屋に来てネ」

「 」

阿伏兎終了のお知らせ。でもこれが日常茶飯事である。

<しるばー> 2014/04/07(月) 19:09  コメント(0)

◆歌舞伎町の女王と貧民、あとメガネ 


『じょ、女王…こ、これでご勘弁…を……』

「フン、お前はこれだけで私が満足できると思ってるアルか!」

『でも…わ、私にはもう……酢昆布を買うお金が、残って…いません』

「お前が海水にまみれて昆布になって、酢に浸かって酢昆布になればいいネ、おーっほっほっほ!」

『う、うう…なんて悪逆非道な女だ、…これでは、まさに……悪ノ娘!』

「……あの、神楽ちゃん何やってるの?」

「貧民と遊んでやってんだヨ」

こっちが付き合ってあげてるんだよ神楽ちゃん。可愛いからいいけどね。

<しるばー> 2014/04/07(月) 19:05  コメント(0)

◆年上キラー赤也くん 


『赤也くん髪型かっこいいよね』

「はぁ?んなこと言われたことねぇっすよ」

『赤也くんは私の言う事が信じられないのー?(首傾げ頭なでなで)』

「いえ、信じるっす!…でも子供扱い辞めてくれません?(ムスッ)」

『ん?ああ、ごめんね。(眉下げ手下し撫でるの辞め)』

「…べつに、撫でるの辞めろ、とは言ってないっす(下りる手引き留め)」

きゅん。

<てにす> 2014/04/07(月) 19:04  コメント(0)

次の10件→
[TOPへ]
[カスタマイズ]



©フォレストページ