千年の時をこえて







「きっと僕たちの関係は元には戻れない…」

揺れる想いと哀しい現実

「俺は…俺はずっとお前だけを見てきた!!思ってきた!」

でもその思いが相手を傷つけることだってある

「私のこの思いはただのエゴだったのかもしれません…」

相手を想えば思うほど相手と自分を傷つけて



その頃の俺たちは不器用で相手を傷つける想いしか知らなかったんだ…



それでも貴方を想っています…


それが蕀の道だとしても…

だから俺にほんの少し前に踏み出せる"勇気(想い)"をください




と言える勇気を…





ヒカル総受け+佐為ヒカ

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ