ゴーレムの贈り物

□ゴーレムの贈り物
1ページ/25ページ


〔アキラ〕 ;アクトーレス(奴隷監督) 身分 オプティオ(副隊長)


イアンのオフィスに入った時だった。
秘書に取り次ぎを頼もうとすると、

「出て行けと言ってるんだ。聞こえないのか! 出ろ!」

応接室のドアから怒号が聞こえた。続いて、男が転がり出てきた。
続いて蹴り出すようにイアンが現われる。その頬が白く凍っていた。

「筋違いだ。二度と来るな!」

彼はおれに気づいたが、すぐにドアを閉めてしまった。
 
男は床に尻を突き、ドアを見ていた。客ではない。制服だ。どこかの作業スタッフだ。

妙な男だった。どやされて悪態をつくでもない。じっとドアを見つめていたが、起き上がり、控え室を出て行った。

(若い?)

髪に白髪が多い。大男だが、腹に力がない。義眼のような青い目を据え、ぬっと歩く姿が不気味だった。

おれと秘書は顔を見合わせた。

「問題児ですよ」

秘書は問いもせぬのに言った。

「パンテオンの不良スタッフです。この間もトルソー犬をレイプしそうになったって」

――そんなやつが、何しにここへ。

おれと秘書は同じことを想像したらしい。彼は目をそらし、取り次ぎますか、と聞いた。

「いや。機嫌がいい時にするわ。仔犬の話だから」

それでも不思議な気はした。イアンは男に言い寄られたぐらいで身震いするようなタマじゃない。ましてや怒鳴るなど。

――よほどカンに触ること言われたのか。

めずらしい、と思いつつ、その場は仕事に戻った。詮索もされたくないだろうから、見たことは忘れた。

だが、やはりただごとではなかったらしい。その日を境にイアンの様子がおかしくなった。





次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ