甘い想い。


切ない想い。


苦しい想い。



どれもみんな、懐かしい。



君がいたから


君が笑っていてくれたから


ここまで歩いてこれた。




そして、
今夜見せた変わらぬ眩しい笑顔を見届けて


やっと、君を想い出に変えることができる。





ずっと好きだった、その長い時を。

わたしは後悔していない。



たくさんのものをくれた、君のこれからが。

幸せであるように願って。




手の中に握り締めていた愛を、

解き放とうと思う。







手の中の愛




*
*
1st.
Enter
post
*
*
詩世界


ブックマーク|教える
訪問者499人目




©フォレストページ