clap小説

□転入生零くん
1ページ/5ページ


「みんな、聞いてくれるかな。今日からナイトクラスに編入になった……名前自分で言って」

「錐生零」

「という名前だそうです。僕としては複雑だけど、優姫から離せたってことは嬉しいな。はい自己紹介して簡潔に」

「レベルEに落ちかけなので残念なことにここに編入しました。頼むから独りにしといて下さい」

「誰か君を相手にするのかな…まぁみんなそんな目で彼を見ないでね。これからは仲間なんだから…くす、僕も残念だよ」

「席座りたいんですが」

「なに、あれで自己紹介終わりなの?」

「簡潔にしろってあんたが言ったんだろ」

「あぁ、そうだったね。いいよ、席にいって。そろそろ授業だし」

「…」

「どうしたの?」

「俺の席、どこ」


.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ