clap小説

□変態と被害者
1ページ/1ページ


「ちわーっす」

「あ、管理人だ。てかなにその挨拶、へんなの」

「うおっ!今日もかわいいね支葵くぅーん、朝からラッキーだわおねーさん」

「え、顔ちかい」

「そんなに照れるなよ!授業より私と一緒に」

「支葵!大丈夫!?こころさん(管理人)に何かされてない!?」

「失敬な!いやまだやってないから。一条も金髪とかやばいよねもう今夜のおかず的な」

「一条さん…こころさん、恐い」

「しっ、目を合わせちゃいけないからね?」

「おいおい美少年たち、なにそんな恥じらってんのもっとこっちにおいでよ」

「支葵!僕がおとりになるから今のうちにっ!」

「まっ、2人でじゃれてくれてんの見るのも目の保養なんだけどね」

「へ、へんたい…」

「失敬な!まぁ変態だが」

「………」





変態と被害者





.

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ