**

□私かお前か
2ページ/2ページ


この死んだ男、壱縷は、レベルEだということだ。そして私の後ろにはこれを殺した奴、零が立っている。片手にあの銃をぶら下げて。



なぜ実の兄弟を殺せるのだろうか。泣くのなら殺さなければいいものを。まったく理解ができない。

私だって泣きたい。私なりに壱縷を愛していた。だから仲間にしたかった。首に牙をさした。それがいけないことだと?私はそれしか知らない、愛情表現というものを。キスなんてものじゃ、意味はないから。


ああ、零。あんたはこれでまた、純血種を恨む理由が増えたね。私はこれでまたハンターを恨む理由が増えた訳だけど。



泣くのなら、殺さなければいいものを。

私だって愛していた。私だって涙くらい出る。悔しいけど、きっと零と私の、壱縷に対する思いは同じくらいなんだろう。


愛していた、仲間にしたかった。ただそれだけ。
それは間違いだったのだろうか。

当の壱縷はもう答えてくれない。胸からまだ血が止まらない。銃弾は心臓付近で止まったかもしれない。幸か不幸か、壱縷はこの銃の持ち主が誰か知らずにいっただろう。

ちらりと後ろを見ると、視界に入るあの銀髪。ガチャリと鈍い音が耳に響く。



零、お前の銃口、次は私を狙うのか。



ぼーっと目の前の男を眺める。はたしてどちらが悪いのか。私はどちらを恨むべきなのか。

彼を殺したのはお前?それとも、



私かお前か




.
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ