**

□たおやかに
1ページ/1ページ


「この子、誰」

「君の仲間だよ」




元老院の特別室に、俺は呼ばれた。ここの空気はいつも乾燥している。水分が吸い取られてしまいそう。


「仲間…?」


特別室には、少女がいた。同い年くらいの、俺とよく似た髪色の。白い布のヘタっとしたワンピース1枚を着ている。へんなの。


「あんた、誰?」


俺の方をじっと見てるこの少女と、俺はどういう意味で仲間なのかわからない。こんな子見たことないし。


「…誰ですか?」


小さい声量なのにやけに通る声。この乾いた部屋でも少女の声はよく響く。


「俺が?」

「違います、私が、です」



「…は?」


相変わらず俺を凝視する少女は、声のトーンも変えず無表情で言うもんだから、その質問の意味を理解するのに少し時間がかかった。


「頭、大丈夫なの?」

「たぶん大丈夫です。でも」


ふと目を泳がしたのは、見逃さなかった。ああ、この子の目、オッドアイだ。左右で目の色が、違う。


「でも、なに」

「…へ?」

「その先言ってよ」

「いえ…なんでもないです」


…なんか、むかつく。言うなら、最後まで言えばいいのに。
この髪色とこの目の色といい、気に食わない。その上、この部屋入って見たときから、ずっと泣きそうな顔して、いちいち気に食わない。


「私、」

「…」

「私、あなたに会ってみたかったんです。ずうっと昔から」

「なに、それ。告白のつもり?」


髪だけじゃない。顔まで俺と、似てるのかもしれない。それは、気のせいかもしれないど。ああほんと、気に食わない。


「ある意味、告白というものですね。」


泣きそうな顔が、少し目を細め口角をあげた。

やめて、そんな顔すんの。あんたに泣き付かれても、俺は困る。俺に会いたかったなら、少しでも、嬉しそうな顔するとかできないの?気が利かないんだね。


「…俺とあんた、仲間なんだって」

「そういう言い方もありますね」


オッドアイが、俺を見つめる。相変わらず、泣きそうな顔しながら。


「どうして俺とあんたが仲間なの」


俺はこんな子、知らない。たぶん、仕事繋がりの子でもないと思うし。
仲間?少し胸がざわめく。


「私、行かなくちゃ」


オッドアイが俺を見る。俺は、この目が好きじゃない。あいつと同じ色だから。


「どこ、行くの」

「お父様のもとへ」


ざわざわと嫌な予感がする。少女は立ち上がり、ドアへと向かう。
でも、なんでだろう。俺はこの子を、ここで止めなきゃいけない気がしてならない。体が、血が、そう言っている。


「彼、私と同じオッドアイで、あなたとよく似た顔してるの」


俺が嫌いなオッドアイ。俺は自分の顔も、嫌い。


「お父様って、まさか…」

「あなたもよくご存じな、素敵な方よ」


胸のざわめきは、血のざわめきは、これだったのか。

素敵な方?どうかしてる。
この子の、いや、この子と俺の父親。大嫌いなあいつ。何度も殺してやりたかった、大嫌いなあいつ。俺らの父親。


「俺には、妹や姉はいないはずなんだけど」

「でも私とあなたの血は、半分同じよ。お父様の血で私達は結ばれてるわ」


だからなんだ。こんなにあんたが、気に食わないのは。あいつの血が、この少女にも流れてる。


「私、お父様が大好きなの」

「俺は、嫌い」

「お父様は、私を愛して下さるの。もちろん、彼はあなたのことも愛してるわ」


自分の父親を、彼と言うのに多少の違和感を、感じた。
あいつの愛情なんて、俺は知らないし、知りたくもない。


「あいつは最低なやつだよ」


俺は、自分の中に流れるあいつを憎む。今まで何度、殺してやろうと思ったことか。


「あんたの母親は?」

「死にました。私が幼い時、寝室で首からたくさんの血を流して・・・。でも、母も私もお父様を愛してるんです。私の全てを捧げるほどに。だから、傷つけられたって構わない。それが彼の愛情ならば」




吸血鬼の感情は、どこかが、なにかが、狂っている。

父親であるあいつは、酷かった。愛してる、と言って側近たちの血をむさぼり、命までも奪っていった。

そんなあいつの愛情を、この少女は受け止めるという。


「愛してます」


泣きそうな、顔。なのになぜ、うっすらと微笑むのだろう。
ああ、そうか。あいつがそうであったように、この少女も、狂っているのかもしれない。



「私、あなたを愛してます」



俺はこの少女が、気に食わない。

今にも泣きそうな顔をする、この少女が、気に食わない。



「仲間、家族、としてってことでしょ」



俺の胸のざわめきは、まだ続く。この感情と血のうずきが、目の前の少女のせいだとしたら、きっと俺も狂っているんだ。



「愛してます」

「…」

「今日は、それを伝えたかったんです」



俺らはあいつで結ばれている、仲間。血の繋がりをもっている。血が言っている、これは別れの挨拶だ、と。俺にはわかる。



「あんたに会えて、よかった」


もうきっと二度と会うこともない、俺の仲間。


「さようなら」



あいつの血が流れてるあんたが、憎い。泣きそうな顔するあんたが、憎い。

これは、愛してる、そんなものよりもっと深いんだ。



『誰ですか?』



最初のあんたの言葉が、ふと頭によぎった。

あんたは、誰?
俺らは、何なの?
何って、あいつの娘と息子だよ。俺らの血には、あいつの毒々しい血が流れてる。あんたの瞳はあいつに似てるけど、俺はそれが嫌いじゃない。


さようなら、愛しい人。
俺もあんたを愛してるよ、きっと。









その少女が、あいつに殺されたと知ったのは、あれから4日後のことだった。





 

   






.

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ