□僕らは共鳴する
2ページ/5ページ



「母さま、寝れないの」

「あらあら、困ったさんね」


頭をふわりと撫でてくれる母さま。優しそうな瞳。綺麗な青い色。


「声がするの」

「誰の声?」

「分からないの」


誰なのだろう。頭の中で響く、私とよく似た顔したあの男の子の声は。どこかで聞き覚えがある、懐かしいような声。でも、まるでいけないものを思い出すようで、思い出すのが少し恐い。


「さぁ、おやすみなさいな」

「母さま、お願い。今日だけずっと私の部屋にいて」

「はいはい」


母さまの瞳は青。それと違って私の瞳は暗い赤っぽい黒。自分でも気味が悪い色。
母さまの青は素敵。今日は青い海の夢を見よう。





ガチャン


あ、母さまが部屋から出て行った。嘘つき。


「海の夢なんて、結局見れないんだわ」


私の夢に青はない。いつも赤い。




.
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ