□あの子
1ページ/2ページ


キーンコーンカーンコーン




「かーなーめせんぱーい!」


きた。あの子いつも6限が終わると僕の教室にくる。あぁ、頼むから手を振らないでほしい。


「こんにちは」

「こんにちは先輩。今日も一段と素敵ですね!あ、こんなところにホコリがっ」


そう言って僕の肩をさっさっと手ではらう。気付いてるのかな、クラスの女子の君に対する痛い視線。


「…で、何かな?」

「いえ特に何もありません!」


にっこにこ。効果音が付きそうなくらい満面の笑みの君。僕は自然とつられ笑いをしてしまう。


「何がそんなに楽しいの?」

「私がですか?」

「そうだよ」

「枢先輩に今日も会えて話せたからです!」


にっこにっこ。確かこんなキャラクターがいた気がする。真横のトトロという映画に出てくるメイという名前の女の子。


「先輩これから委員会のお仕事ですよね?」

「うん」

「そうですか〜」


シューンと耳を垂れ下げた子犬みたい、と僕は思った。ここまで感情が分かりやすい人間も珍しい。


「じゃあ先輩頑張ってくださいね、また明日!」

「また、ね」

「失礼します!!」


なぜあんなに声が大きいのか。華奢な体付きだけど、どこか運動部にでも所属してるのか。

そういえば僕はあの子の名前すらまだ知らない。









キーンコーンカーンコーン



6限終了のチャイム。自然と目線がドアにいく。


「かーなーめせんぱーい!」


今日は、手を振るあの子の名前を聞いてみよう。




 






.
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ