□気まぐれな君
1ページ/1ページ


「不良の支葵千里はっけーん」

「うわ、さいあく…」



今日は小春日和。外の庭でぬくぬくと昼寝をする支葵は、授業をほっぽりだしてたりした。もちろんそれは私にも当てはまる。



「支葵さー単位やばくない?」

「だまって」

「だって全然授業出ないじゃんかー」

「あんたほどじゃ、ない」



そりゃそーだ。私と支葵は学年トップのサボり魔。先生は頭がいいから私たちのことを諦めている。まったく学習能力がある人達だ。


「まぁ、留年したらよろしくね」

「やだ」

「なにさー、学年トップの仲じゃん」



支葵はぷい、と顔を反対に向け背中を丸めて、再び寝ようとしているらしい。なんか猫みたい。猫じゃらし、好きかな、好きそう。



「どこ行くの」

「へ?猫じゃらしを探しに…」

「やだ、そこいてよ」



支葵はやっぱり猫だ。ちょー気まぐれ。支葵に腕の袖をくいっと引っ張られ、私はまた芝生に腰をおろす。



「仕方ないからいてあげる」

「うざ」

「お互いさまでしょー」

「そういうとこ、うざい」



ふぅ、拉致あかない。もういいや、私も寝ちゃおう。なんせ今日は小春日和。おまけに気まぐれ猫の隣は意外に、寝やすいんだ。









.

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ