□風呂上がりの落とし穴
1ページ/1ページ


「暁ー!もしくは英ー!いるー?」


…返事なし。えぇーいんなこた知るか、入っちゃえ!あたしは早く課題の答え見してもらって、写さなきゃなんだ。


「ねー、暁ー?」


英の答えは細かすぎるから、写したと疑われる。というか以前バレた。まったく先生も、どんだけあたしのこと信用してないのってはなし。おまけに英から借りたら借りたで、奴は課題をやらないあたしに説教。

まぁ、暁のが適度なんだ。暁は基本ゆるい性格な上、お人よし。ありえない位にお人よし。頼みごとは断れない、そうゆう性質。なんでここ数ヶ月、そこを大いに利用させてもらっているって訳。


「あっれー暁ー?」


ぼすっとベッドの布団にパンチを入れてみる。やっぱりいない。かれこれ部屋に入ってきて5分。

トイレ?長くね?

そのまま部屋にあるトイレに向かおうとしたら、見慣れたオレンジ頭がひょいと洗面所のドアから現われた。
そう、見慣れたオレンジ頭が、


「あ、れ、暁?」

「よっ。わりぃな、風呂入ってた。課題だろ?」


オレンジ頭が、というか


「なんだ?ぼーっとして」

「…毛」

「んあ?」


んあ?ってあんた、んあ?って…、まるでカモみたいな鳴き声しちゃって、そんな髪でカモって…


「な、なんか、似合うね」

「おい、主語がないぞ主語が。えーっと、ほらこれだろ?」


そうだ、課題だ。えらいぞ暁、課題ちゃんとやってある。とりあえず、この状況はやばい。非常に、やばい。今すぐ部屋から出よう。とにかく、今すぐ部屋から出よう。



「あ、ありがとう、じゃっ」


走れわたし、今すぐ部屋から出なきゃ。ほら、ドア開けて廊下にでて!なにさっきの暁、見てらんない!


「ぶふぇっ!」

「え?」

「いったいなぁ!前見て歩けよ!」

「あ、あぁー英か、ごめんごめん、そこ、どいて」


なんてこと。あれは落とし穴だ。何の?誰の?決まってる、あの、髪の毛、ストレート!はやくこの部屋から出なきゃなのに、このあほ英、はやくどけ!



「ったくなんだあいつ、顔真赤にして急いで出てってさ。暁、お前なんかしたのか?」

「課題かしただけだ」

「ふーん。あー、もしかして」

「なんだ、まじまじと見て」

「上に何も着てなかったのがいけないんじゃないか?」

「…あいつそんなうぶか?」

「うーん、やっぱ違うか」

「風邪でもひいたんじゃねぇか?最近流行ってるし」





なんてこと。あれは風呂上がりの落とし穴だ。いつもはあんな課題貸すしか取り得のない、お人よしのせいでずぅっと瑠佳に片思いの、あのオレンジ頭の髪の毛が、風呂上がりだからって、濡れてるからって、ストレートで、で、で…?





「暁、昨日は課題ありがとう」

「あぁ、そこの机の上に置いといてくれ。てかおまえ、昨日風邪でもひいたのか?」

「は、なんで」

「いや、違うならいいんだ。」

「あ、そう。あーあのさ、暁」

「うん?」

「あーっと、えーっと、その、ですねー」

「どうした?」



髪の毛、ストレートだと、かっこよく見えるよ



「なーんでもない」

「そうか」

「あ、ちなみにあんたのその答え、間違ってると思うよ」

「どこ?」

「だってほら、これがさ…」



あれ、おかしい。おかしいぞあたし。だってこれは、暁で、課題貸すしか取り得のない、お人よしのせいでずぅっと瑠佳に片思いの、あのオレンジ頭の暁なんだ。おまけに今の髪の毛はツンツン。おかしい、おかしいおかしい。



「あぁ〜なるほどな。おまえ、やればできんじゃん」

「ふ、ふーん、まぁね」

「まっ、教えてくれてさんきゅーな。今度は自分でやれるよな」

「え、やだ。」

「おいおい」

「ねぇー貸してくれるでしょ、お人よし?」



なんてこと、ストレートの落とし穴でも風呂上りの落とし穴でもなんでもない。
あたしがはまったのは、意外に深いふかい落とし穴。




「仕方ねぇーな、今度も、これからも、貸してやるよ」
















[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ