SHORT

□気持ちの伝わる3秒前
1ページ/4ページ




「え?雪先輩って好きな人いるんすか?!」


そんな赤也の一言から、私の悪夢は始まった…。



『気持ちの伝わる3秒前』




それは、私と精市が部室で話をしていたときだった。


幸村「…にしても、雪の趣味、どうかと思うなー。」


雪「別にいいでしょー。」


幸村「あのバカのどこがいいの?」


雪「精市、それ言いすぎでしょιそれに、私が誰を好きになろうと精市には関係ないでしょ!」


“ガチャッ”


赤也「え?雪先輩って好きな人いるんすか?!」


雪「あ…赤也?」


急に部室のドアを開けて入ってきたのは、私が絶賛片思い中の赤也で…

私と精市は、赤也の話をしていたわけだから、ものすごくビックリなわけ。


赤也「先輩の好きな人って誰っスか?教えてくださいよっ!」


雪「え、えっ?!お、教えるわけないでしょ?!」


考えれば、これが悪夢のはじまりだった。
このとき、適当に誰かの名前挙げるとか、好きな人なんていないってウソをついておけばよかった。


この日から赤也は毎日私に付きまとうようになった。
休み時間のたびに、私のクラスに顔を出すようになったし、部活のときも必要以上に一緒にいるようになった。

私は赤也のことが好きだから、嬉しいような、なんとも複雑な気持ち。
このまま、教えなければ、一緒にいれるし、それはそれでいいかなーって思ったりもした。


けど、ふとこんな考えが頭をよぎった。

赤也は、私のこと別になんとも思ってないから、私の好きな人をこんなにしつこく聞いてくるんだ…。

そう思った瞬間、なんとも言えない、悲しい感情が心をいっぱいにした。




 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ