SHORT

□Red
1ページ/5ページ





「笹原、オマエはまた赤点か。」


化学の先生が、こないだの小テストを返しながらそういう。


思えばこの赤点が、私の運命を変えたのかもしれない――…




『Red』





雪「え、またって…」


「50点満点中18点。立派な赤点だぞ。」


またか…っと思わず溜息を吐いた。


「オマエ、他の教科は成績優秀なのに、なんで化学だけ…。俺に何か恨みでもあるのか?」


雪「いや、ないですから。」



単純に化学だけが極端に苦手。

いつも赤点か、赤点すれすれ。

提出物(主にレポート)で、点を稼いでいて、ギリギリ成績は3だけど。


「オマエ、これ以上赤点とると、受験にひびくぞー。」


笹原「え?!それは困ります!!」


私だって受験生だ。

通知表に2があると、嫌がられるのはわかってる。

せめて3が欲しい。



「それじゃー…あ、白石!オマエ、化学得意だし、笹原に教えてやれ。放課後にでもよ。」



“白石”その名前に一瞬、鼓動が止まった。


白石くんは私の片思い相手。


その白石くんに化学を教えてもらう?

…そんなの無理に決まっている。

心臓が絶対にもたない。



白石「俺か?まぁええで。笹原さん、今日の放課後、ここでやるで。」


雪「あ、う、うんっ!よろしく!」



…結局教えてもらうことになってしまった。

嬉しいけど…

絶対、勉強どころじゃないよね。









 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ