天空に舞う歌声


当サイトは、長い間放置状態だったため、移転しようと思います。
これまで来てくださった皆様、本当にありがとうございます!
新しいサイトでも、白砂の刻を連載していきたいと思っていますので、見に来ていただけたら嬉しいです。
※このサイトは8月中に
閉鎖する予定です。
ご了承くださいませ。


――空に舞う




          歌声――



――儚くも美しい




       その歌声は――



――悠久なる時の中で




     静かに響き渡る――







ようこそ!ここは、綾瀬 柚羅の運営するオリジナル夢小説サイトです★

・荒らしに来た

・夢小説が嫌い

・管理人が嫌い

・男性の方(心が乙女な人はOK)

以下の事に1つでも当てはまる方は、お戻り下さい。

なお、ここにある作品は、複写、引用、無断転載、盗作行為は禁止です!

以上の事を守れる方だけ、お進みください♪



☆あなたは1658人目のお客様です☆





☆始めに☆
月日の記憶
更新履歴
リクエスト箱
夢小説
感想はここに書き込んでください
相談場
お手紙
オススメサイト






お帰りですか?
来てくださってどうもありがとうございます♪
またのお越しをお待ちしています♪






――天空に舞う





  歌声は――




――今もなお





静かに響く――




――終焉と言う名の





終わりが来る――




――その日まで


ブックマーク|教える

最終更新日 2009/07/23





©フォレストページ